【茨城】 10月25日 さそり座の新月 部分日食! 新しい地球をむすぶライトワーク⭐️ 女神と男神つなぐ! めぐみの季節 筑波山と筑波山神社を楽しむ!

2022.9.2  Chikako Natsui
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

フォースとともにあれ。

新しい地球へ向かって、目醒めの時を迎える。

 

女性性を癒す

男性性と調和する

陰陽の統合!

自分と仲良しは、地球と仲良し、宇宙と仲良し!

 

魂とつながり、生命を輝かせ、ありのままを生きるワークショップです!

 

狭間の世界でエネルギーの変性を体感してください!

 

 

ライトワークとは?

その文字通り、光の活動・光の奉仕です。
聖なる愛の光の媒介者となって、大宇宙のエネルギーを変性させ地球へと渡します。
それは、自分自身のエネルギーの変性・変容への過程でもあります。

なぜならライトワークの行程中は、高い次元のエネルギーに包まれ、異次元・異世界の意識を経験する可能性が高くなります。
それが魂の成長・霊的進化へとなって、次の経験へと導かれます。

母なる地球への感謝

父なる大宇宙への祈り

そのような想いが自然と内側から湧き上がり、聖なる愛へと変性し、やがて、それは大宇宙への信頼へと変容していくことでしょう。

 

 

 

 

地球は新しいフェーズへと変性し、

それは、あらゆるところに現れています。

 

たとえ、直接的なやりとりがなくても、

大宇宙にあるすべてのスピリットはつながっています。

宇宙のはるか彼方の出来事が、太陽系にある小さな惑星を多大に直撃したり、

名も知らぬ場所で起きたさざなみが、大波となって列島へやってくることもあります。

 

ここにある人びとが心穏やかになるなら、

その波動があらゆるところに伝わっていくことでしょう。

 

ひとりは、多数に。

多数は、ひとりに。

 

それは、この小さな島に人となり、生きることを選んだスピリットの使命なのかもしれません。

 

 

新しい地球に向かって、

この惑星にあるスピリットは、進化を余儀なくされます。

 

何もしなければ、その過程は苦しいものになり、

大宇宙のリズムと同調しようと努めるなら、柔らかくなることでしょう。

 

大宇宙と波長を合わせましょう!

 

新しい地球へ適合するエネルギーになっていきましょう!

 

 

ひとり、ひとりのエネルギーの変性、

地球のエネルギーの変性は、

直近の課題です。

 

誰もが、ハートに聖なる愛の種を

埋め込んでいます。

それが発芽するかどうか、

それは、それぞれのタイミングでやってきます。

それぞれの生き方に関わっています。

 

まずは、次のことを意識しましょう。

 

自分のエネルギーを整える。

そして、感覚を開く。

さらに、他のエネルギーを理解する。

やがて、自分には必要の無いエネルギーを手放す。

 

地球にあることの意味、

 

ミズを知り

ヒを知り

フウになっていく!

 

ミズは、集団意識です。

ヒは、個人意識です。

それを調和させ、フウになることが、

魂意識への変容です。

 

地球でなすことは、

 

女性性

男性性

 

陰と陽の統合

 

中庸を知ることです。

 

風を巻き起こす、

風の時代を創っていく!

 

 

ひとりでやるには、氣が引ける。

でも、

誰かと一緒に、

 

風を吹かせ、

風を感じましょう!

 

魂からのメッセージを受け取ってください。

 

 

9月に続き、10月も、

陰と陽

女性性と男性性の統合を、

一層意識したライトワークです。

 

茨城県にある筑波山と筑波山神社へ参ります。

 

筑波山神社

ご祭神

筑波男大神 伊弉諾尊 男体山871mに祀る
筑波女大神 伊弉冊尊 女体山877mに祀る

筑波山神社ご由緒

 

筑波山は一億年以上も古い時代に、海底に積もった地層に班れい岩、花崗岩のマグマがあいついで貫入し、その後の地殻変動によって持ち上げられ、山塊となってから風雨による侵食や風化によって堆積物が削りとられたものです。従って硬い班れい岩を頂上部に、花崗岩を基部にした現在の形となりましたが、それでもまだ微妙な変化を続けています。
この山を覆う数多い植物は、寒冷期に北から下がってきた冷温帯の植物であるブナ林を山頂部に冠のように残し、山麓部分には暖温帯の常緑広葉樹林が広がるという、きわめて多彩な姿となっています。しかし、地球の温暖化が進めばブナ林が生存できなくなるかも知れません。筑波山は北は足尾、加波の山波に、東と南は筑波連峰の起伏につながり、西は肥沃な平野が広がります。この西麓も古代には豊の海という古霞ヶ浦に続く入海があって縄文海進とされ、その名残りを貝塚や地名に見ることができます。

(筑波山神社HPより)

 

そして、ここも天狗が住まう山!

筑波山については、ページ最下部にも記載していますので、参考までにご覧ください。

 

ところで、この日は、部分日食。

月の女神のエネルギーが少々強い。

陰と陽の小さなズレ。

それは、なにかの形で地球へ表されることもあります。

 

 

 

 

日程

2022年10月25日 火曜 7:50〜18:00

※集合 東京駅

※8:00発の高速バスに乗車予定です。座席予約制ではありません。満席の場合、次のバス(8:30発)への乗車となります。

※終了時間は前後する場合がございますので、ご了承ください。

 

 

場所

筑波山・筑波山神社

住所:茨城県つくば市筑波1番地

集合場所:東京駅

※「筑波山ストーリー(東京・筑波山周遊きっぷ)」 4100円(参加費別)を購入しますので、
ご予約時にお申し出ください。
(高速バス(東京駅〜つくばセンター)+シャトルバス(つくばセンター〜筑波山神社入口〜つつじヶ丘)+ロープウエイ(つつじヶ丘駅〜女体山駅)+ケーブルカー(宮脇駅〜筑波山頂駅))
(東京駅発のみ発売)

※東京駅⇄筑波山へのルートは、以下の通りです。

東京駅→つくばセンター→筑波山神社入口→筑波山頂→男体山・女体山→つつじヶ丘→つくばセンター→東京駅

※詳細は、こちらからご覧ください。

 

※女神と男神をつなぐライトワーク! 筑波山を散策します。

コースは、「山頂連絡路」です。

山頂までは、ロープウェイを使用します。

筑波山神社〜(徒歩)〜宮脇駅〜(ケーブルカー)〜筑波山頂駅(御幸ケ原)〜(徒歩)〜男体山頂〜(徒歩)〜御幸ケ原〜
〜(徒歩)〜女体山頂〜(徒歩)〜女体山駅〜(ロープウェイ)〜つつじヶ丘

※登山コースなどの詳細は、「筑波山ケーブルカー&ロープウェイ」をご覧ください。

 

※ライトワーク道程にあるカフェ等でワークショップ&ランチ&懇親を行います。

※詳細は、ご案内時にお知らせいたします。

 

内容

新しい地球をむすぶライトワーク⭐️ 女神と男神つなぐ! めぐみの季節 筑波山と筑波神社を楽しむ!

 

(ワークショップ&ライトワークでは、次のようなことを行います)

 

ライトワークの意義。

エネルギーの浄化と調整。

五感を磨き、気づき・直感の発達を主とします。

様々なエネルギーの違いと、ご自分への影響に気づきます。

 

ライトワーク道程にはランチ&懇親を行い、上記のお話なども含ませて参ります。

その間には、大宇宙からのエネルギーを魂レベルにつなぎます。

※参加者様のエネルギーの総和によって、話す内容が変わることがありますのでご了承ください。

 

 

講師

cosmic connect 夏井誓子
 

 

人数

6名様

 

 

金額

5000円(税込)

※当日現金でお支払いください。

※拝観料・入場料・交通費・ご飲食代などは実費にてお願いいたします。

 

 

お申し込み方法

次のEメールアドレスまでお知らせください。

info@cosmic-aj.com

または、

chikako.natsui@cosmic-aj.com

 

表題:10月25日  筑波山 ライトワーク

(お知らせいただきたい内容)

お名前
参加人数
eメールアドレス
連絡先

 

 

備考

トレッキングシューズなど、滑りにくく歩きやすい靴・動きやすい服装でご参加ください。

寒暖対策・汗対策・ミネラルウォーターなどをご持参ください。

適時休憩をとりながら、ゆっくりのんびりの行程とします。

荒天の場合には内容変更・中止させていただくこともございますので、ご了承ください。

 

 

 

 

筑波山

富士山と対比して「西の富士、東の筑波」と称される。日本百名山、日本百景の一つとされる。
山中には巨石、奇石、名石が数多く散在し、それぞれに名前がつけられ、多くの伝説を生み、それらに対する信仰が今日でも受け継がれ、山そのものが「神域」として崇められている。
開山以来、「結界」が張られており、荒れた時代もあったが、現在でも「霊山」であり山の万物が「神体」とされている。
「夜間は男体・女体の神々が御幸ヶ原に出現する」ため「二人の遊楽を妨げてはならず入山しない」とする文化がある。

(Wikipediaより)

 

筑波山は、山岳信仰の山でもあり、常陸筑波法印という天狗が住まう山です。
しかし、「筑波山 天狗」で検索すると、天狗党の乱という昔の事件が出てくるのですが、別ものです。

 

 

 

※特定の教義・団体に属しておりません。

※当サイトでのキリストエネルギー・キリスト意識・キリスト種などの表記は、特定の教義・人物を示すものではなく、大宇宙の聖なる愛のエネルギーを示しています。