【東京】 5月21日 新しい地球をむすぶライトワーク⭐️ 古代回帰! あらゆる生命が満ち始めるとき 四神相応 江戸の結界を歩く

2022.5.2  Chikako Natsui
/ / / / / / / / / / / / / / / / / /

フォースとともにあれ。

新しい地球へ向かって、目醒めの時を迎える。

 

魂とつながり、生命を輝かせ、ありのままをいきられるようになっていくためのワークショップです。

 

 

ライトワークとは?

その文字通り、光の活動です。
聖なる愛の光の媒介者となって、大宇宙のフォースを受け、地球へと渡します。
地球への奉仕は、自分自身のエネルギーの変性・変容へとつながりやすくなります。

なぜならライトワークの行程中は、高い次元のエネルギーに包まれ、異次元・異世界の意識を経験する可能性が高くなります。
それが魂の成長・霊的進化へとなって、次の経験へと導かれます。

母なる地球への感謝

父なる大宇宙への祈り

 

そのような想いが自然と内側から湧き上がってくることでしょう。

 

やがて、それは徐々に大宇宙への信頼へと変容していくことでしょう。

 

 

古代回帰とは?

はるか遠い昔、古代、はたまた神代。
人の超感覚的な能力は失われておらず、まだ境界が曖昧だった異次元・異世界の住人たちと意思疎通をはかることができました。
しかし、この世界の波動が落ちるに従い、人びとのそういった感覚は閉ざされていったのです。
魂の声が聴こえない。動物界や自然界のメッセージに耳を傾けることはない。
まるで地球にある生命体は人間だけといわんばかりの状態です。

地球はひとつの大きな生命体です。そして、意識をもって進化しています。
それに振り落とされないよう、遅れをとらないよう人類のエネルギーの変容・意識の拡大が求められています。

本会での古代回帰とは、意識の拡大を意味します。

エネルギーの変容を成し、異次元・異世界へと意識の拡大をすることです。

さすれば、この世界は人間だけはない。大宇宙にあるすべてのスピリットはつながっていることを体感します。

 

 

 

 

日出るところにある

神秘の島

太陽をいただく民たち

 

 

縁があって、この地に引き寄せられ転生した魂。

 

地球は新しいフェーズに向け変性しています。

それは、あらゆるところでエネルギーの混乱という現象となっています。

 

大宇宙にあるすべてのスピリットはつながっています。

はるか彼方で起きた大きな波が、さざなみとなって列島へやってきたり、

名も知らぬ場所で起きたさざなみが、大波となって列島へやってくることもあります。

 

ここにある人びとが率先して心穏やかになるなら、

その波動があらゆるところに伝わっていくことでしょう。

 

ひとりは、多数に。

多数は、ひとりに。

 

 

 

さて、火の氣が大きくなり、熱を溜め込んでいます。

熱は、水の氣を刺激します。

常に活動が活発なのが、列島と周辺にある自然界の八百万です。

 

現在、列島の要石のひとつは皇居。

四神相応。とてつもないエネルギーを有する地です。

それを守護するため、二重三重にも結界が施されたといわれています。

関東平野が比較的穏やかであり、多くの人びとが平和も守られています。

 

四神相応とは?

東アジア・中華文明圏において、大地の四方の方角を司る「四神」の存在に最もふさわしいと伝統的に信じられてきた地勢や地相のことをいう。四地相応ともいう。なお四神の中央に黄竜や麒麟を加えたものが「五神」と呼ばれている。ただし現代では、その四神と現実の地形との対応付けについて、中国や朝鮮と日本では大きく異なり、北を玄武、東を青龍砂、西を白虎、南を朱雀とする。(Wikipediaより)

 

 

 

 

今回のライトワークは、皇居(江戸城)を守護する鬼門・裏鬼門を歩きます。

人が歩けば歩くほどに、結界は強まります。

 

同時にそれは、祈りの時間です。

 

母なる地球へ

父なる大宇宙へ

そして、惑星にあるすべてのスピリットへ

 

 

 

ところで、皇居(江戸城)の鬼門・裏鬼門とは?

 

江戸は江戸城を守護するために、北東方向の鬼門に上野の寛永寺が造営され、南西の裏鬼門には同じく徳川家の菩提寺である芝の増上寺があった。現代の東京はというと、鬼門に東京スカイツリーがつくられ、裏鬼門に東京タワーがあり、風水的には鬼門と裏鬼門に日本を代表するふたつの電波塔が建っていることは興味深い。(ニッセイ基礎研究所より)

 

鬼門  上野東叡山寛永寺

裏鬼門 大本山増上寺

 

 

上野東叡山寛永寺

 

 

日程

2022年5月21日 土曜 10:00〜16;00

 

場所

上野東叡山寛永寺〜芝増上寺

※集合場所などの詳細は、ご案内時にお知らせいたします。

※移動は、公的交通機関を使用する予定です。

 

内容

新しい地球をむすぶライトワーク⭐️ 四神相応 江戸の結界を歩く

 

(ワークショップ&ライトワークでは、次のようなことを行います)

 

エネルギーの浄化と調整

天地にある八百万とのシンクロニシティ

五感を磨き、気づき・直感の発達を主とします。

 

新しい地球とは?

人がやること・八百万がやること それぞれの役割とは?

ライトワークとは?

浄化・調和 エネルギーの変性

 

ライトワーク後には、ランチ&懇親をしながら、上記のお話なども含ませて参ります。

※参加者様のエネルギーの総和によって、話す内容が変わることがありますのでご了承ください。

 

対象

どなたでもご参加いただけます。

※女性性の癒しが必要な方、霊的学び(目醒めたい)方、この頃気持ちが落ち着かない方などは特にお勧めです。

 

講師

cosmic connect 夏井誓子
 

 

人数

4名様

 

金額

5000円(税込)

※当日現金でお支払いください。

※拝観料・入場料・交通費・ご飲食代などは実費にてお願いいたします。

 

お申し込み方法

次のEメールアドレスまでお知らせください。

info@cosmic-aj.com

または、

chikako.natsui@cosmic-aj.com

 

表題:5月21日  新しい地球をむすぶ ライトワーク 四神相応 江戸の結界

(お知らせいただきたい内容)

お名前
参加人数
eメールアドレス
連絡先

 

備考

歩きやすい靴・服装でご参加ください。

寒暖対策・ミネラルウォーターなどをご持参ください。

荒天の場合には中止させていただくこともございますので、ご了承ください。

 

 

※令和2022年5月21日は、二十四節気のひとつ「小満」です。

あらゆる生命が満ち満ちていく時期のこと。
太陽の光を浴び、万物がすくすく成長していく季節です。(暦生活より)