セクシャリティの解放! 女性が女性であることを楽しむ時代! | Cosmic Academy Japan:ワンネス 聖なる愛の光で宇宙をつなぐ

セクシャリティの解放! 女性が女性であることを楽しむ時代!

2018.8.3  Chikako Natsui
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

女性性の解放

それが、このサイクルの大きな課題の一つのように思う。

魚座の時代の終わり頃、その動きが始まった。

その使命をもった戦士の魂・インディゴチルドレンたちの多くが女性として転生した。

しかし、うまいように女性性の解放にいたらない。

女性の地位向上、
女性の社会参画
女性の人権

以前に比べれば、社会における女性の位置付けは変わっただろう。

しかし、そのやり方は、女性が男性の真似をするやり方、「女性のオス化」だった。

男性社会という基盤と社会枠の中に女性を混じらせ、体裁を整える。

旧時代のシステムから、新時代のシステムへの変更のため、先駆けてやってきたインディゴチルドレン。

まんまと地球の低い周波数に慣らされ、ミッションを忘れ、それでも「なにか・・大切なもののために」活動する。

大いなる宇宙=神の愛を広めるための活動の先鋒だったはずが、愛は愛でも、人間的愛を欲するに留まる。

なんか変だ?

私が欲しかったのは、この愛か?

オス化した女性性が、ホントウの愛が見えるはずもない。

女性性の解放

女性の自立とか、社会進出だけを示しているのではない。

女性のもつ創造力を余すことなく使うこと、愛を基盤としたつながり、リレーションシップが大きな目的。

女性性の解放

そこには、大いなる宇宙=神からの大きなメッセージが含まれている。

先の時代は、恐怖によって支配されていた。

平和のために
愛する家族のために

そう自分に言い聞かせ、どれだけの命が戦場に散って
いっただろう。

それは、ネガティブなエネルギーによって支配され、動かされた権力者たちが欲した利益のための戦いだった。

多くの人々が操られ、コントロールされ、時代を受け入れた。

多くの人々が争いを繰り返した時代が長く続いた。

それが、魚座の時代。
男性性が基盤となった世界で起こったこと。

力の時代、恐怖の時代、支配の時代。
力あるものがこの世界の勝者になる。

水瓶座の時代は、それぞれの違いを受け入れ、認め、そして共存共生をしていく時代。

ホントウの意味での女性の時代が始まった。

これまでの男性性によって作られた基盤の変更が余儀なくされる。

だが悲しいことに、前の時代の名残。多くの女性たちが、女性性を否定して生きている。

ハートを閉ざし、過去生から蓄積されるネガティブな感情を子宮に閉じ込め、まるで自分が女性であることを恥じるかのような
生き方をしている。

それは、時代の流れに逆らった生き方であり、過去性における支配から未だ続くもの。
奴隷であった頃、娼婦であった頃を魂が覚えているからだろうか。女性として恥ずべき苦痛を魂が覚えているのだろう。

前の時代から続く恐れや悲しみ、苦しみ。傷を手放すことが女性性への解放へとつながる。

それだけではない。

大いなる宇宙へのワンネスへ向け、女性性と男性性の統合は必須。

自分の中の両性を認める。

それには、まず女性が自分の性を認めてこそ始まる。

陰陽 善悪 光と闇

この場所は、二極を一つにするための場所。

転生を繰り返し、手放せなかった悲しみや苦しみを今こそ癒し、手放す時がきている。

スカートが苦手、
これまでショートカットにしかしたことがない、
女性だけど女性が苦手、
私、男だから・・が口癖。
自分の中のセクシャリティを認められない。
子宮や腸、バスト、心臓、気管支、喉、
甲状腺のあたりにトラブルを抱えやすい方。

これらの方は、女性性に癒しが必要な方が多いので、留意してみてほしい。

また、自分が女性であることを認める。

それには、てっとり早く、
恋をしてみてはどうだろうか?
恋愛を楽しむことが一番だろう。

女性として愛されるのは、
もっとも女性性に刺激を与える。

女性が女性であることを楽しむ。
全身で楽しむ!
一生かけて楽しむ!

しかし、ハートが閉じていたのでは、
そもそも男性を引き寄せない。
引き寄せても、「あれ?こんなはずじゃなかった」という縁が巡ってくる。

先日開催した「愛ワークショップ」は、「宇宙一愛される女性(オンナ)になる」を主題とした。

講師は、助産師、看護師、バストケアセラピストと多彩な顔をもつ、
横浜・関内バストケアサロン&スクール「ハニエルムーン」月舘睦さん。

チャクラの説明、
ハートがいかに大事かを中心に、
それには、バストが固まり、カッチンコッチンでは、自分も他人も愛することができないし、
ましてや良い縁を引き寄せることができない。

男性性の構造の中で生きる女性たちは、
女性性を抑えた生き方をしている。

必然的に、自分を守るために、
傷つかないように、ハートを閉ざす。

それが長らく続くと、バストがカッチンコッチンと硬くなる。

愛を受信するためのハートセンターが機能していないと、他者への愛情はもちろん、自分自身を愛することはできない。

だから、いい男が寄ってこないのか!

と、納得の方もいるかな。

愛ワークショップでは、そういった内容を含め、ご自分のハートの状態に気づくワークや、ご自宅で簡単にできる
セルフケアの方法などをお伝えした。

そして、最後には、月舘さんからのプチバストケア体験。

毎回のことだが、参加された方々はご自身のバストがふわふわに
なったことに、とても感動する。

女性性への解放は、女性が女性に、自分自身に戻る瞬間でもある。

表情や発するオーラが、それ以前とガラリと変わる。

宇宙一愛されるには、まず自分が自分を愛すること。
それには、ハートを開いて、受け入れ体制OKにしておかないと!
ところで、大いなる宇宙のエネルギーは、頭頂のチャクラから入り、
ハートのチャクラを介して全身に行き渡らせる。
なので、ハートのチャクラが閉じていると、エネルギーが循環しない。
人生つまらないことばかり起きるな〜というのは、
ハートが閉じ、大いなる宇宙からの恩恵が届いていないのかもしれない。

愛ワークショップでは、プチバストケア体験の前後に、エンジェールカードをひいていただき、自分の中の女神からメッセージをもらう。

このコーナーは、毎回人気!

参加された方は、どなたも納得される。

次回は、10月開催予定。

バストを柔らかくして、
ハートを癒し、
女性性の解放につなげよう。

私も
あなたも
幸せになる。

 

お客様のご感想

昨日は、ありがとうございました。バストケアを続けていきたいと感じました!
カードは、かなり的を得ているなぁと感じています。納得のいくカード、その後の夏井さんの言葉もグッとくるものがありました。また、ゆっくり話を聞いて、自分を癒せたら良いなと思います!
ありがとうございました!

 

関連記事

講師紹介
インタビュー 「バストケアで女性を幸せに💖👼 天使の魂をもつ助産師 月舘 睦」