異次元!インドの旅

2018.3.19  Chikako Natsui

インドのご縁は強力です。
一番長くて25年。
初めてバックパッカーで行こうと決めたときに
知り合って、現在もつながっている人が2人。
そのうちの1人とは最後まで一緒に旅をして、
もうお一方は渡航時期が合わず旅をご一緒する
ことはありませんでした。
しかしインド出国まで2〜3日となったとき、
街角で偶然再会!!!
 
あの広大なインドでいるのかいないのかも知らないのに、
バッタリ街角で出会う確率たるや!
ほぼ0に近いと思うので、ほとんど奇跡です!
 
わたし:「えっ?」
友人 :「あっ!」
2人で:「きゃーーーーーっ!!!!!」
 
道行くインド人も振り返るほどの歓声を上げました。
お互いの連れは目が点に。
 
その後もインドや日本のインド関係で知り合った方との
ご縁は切れません。
むしろ年を追うごとに仲良くなりすぎる傾向があります!
  
 
南インド料理の作り手でタミル映画好きに有名な二人組、
マサラワーラー。彼らのデビュー当時から仲良くさせて
もらっていて、ただインド好きってだけで
映画を観に行ったり、飲みに行ったりしています。
マサラワーラーの武田君はこのインドのご縁を「インドの呪い」と
呼んでいます!
 
インド系NPOで働いていたころの日本人の同僚達とは
もちろん時々会っていますし、インド人の元同僚の
東京やインドの家に遊びに行ったり、泊まったりします。
そこから派生して知り合ったインドつながりの方とも、
会ったその日から昔から知っているような感覚で
お付き合いをさせていただいています。
 
インドでパスポートを失くしたときに、最後にパスポートを
触った記憶のある500キロ離れた土地でわたしの
パスポートを確保してくれた人、
報告を待つ間、落ち着かない気持ちを紛らわせてくれた人とも
10年以上経った今でも時々会ってネパール居酒屋なんかで
クダを巻いています(笑)。
(お酒はほとんど飲めませんが、たまには少し飲みます。)
 
 
インドという異次元の特異な土地関連で知り合うと
奇妙な連帯感が生まれます。
 
ここでお友達になってくださった方とも、どこでどう
お会いするか解りませんね!
それを考えるとワクワクしてきて、とっても楽しみです。
インドの呪いがかかっていれば、いつか必ずどこかで会っちゃいますからねっ(笑)。

(文:ありはらみつこ


ありはらみつこ
ライフバランスアドバイザー。高校生のころからインドに興味をもち、心身のバランスを崩したことをきっかけにインド伝承医療アーユルヴェーダを学び10年。長年の経験と知識で多くの方の心身の悩みを解消している。
Facebook