「その」好きは「あの」嫌いから選んでいない? | Cosmic Academy Japan:ワンネス 聖なる愛の光で宇宙をつなぐ

「その」好きは「あの」嫌いから選んでいない?

2019.1.3  Chikako Natsui
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

人生は選択の連続という。

心身魂。そして思考が一致して選ぶものは、大宇宙の聖なるコードによって選ばされたもの。
真理そのものかもしれない。
 
しかし、現代人はなかなかそれが難しい。

思考、感情、肉体、魂が、バラバラに機能していることが多々ある。

頭で考えすぎて、それが好きなのか嫌いなのか分からなくなってしまった。
好き嫌いで決めてしまうと損してしまうこともある・・・などの、思考と感情のせめぎ合いの表現はよく聞く。

今生だけを考えるのならば、心身が健康で、適切適度な思考の活用がいいのかもしれない。

だが、人間は霊体と肉体からなり、霊界人であり現界人。
霊界にある魂が本体。その魂のそもそもは光であり、光は大宇宙から分かれたもの。

そして厄介なことに幽体というものがある。
幽体には過去生からのカルマやトラウマなどのネガティブなエネルギーが書き込まれている。
その本部は幽界。

霊界にいけない魂は、ここにある。
思考や感情は幽界エネルギーの影響をかなり受けている。

「好き」と思ったもの、「いい」と思ったもの、実は反対の「嫌い」や「怖い」という感情が端を発している可能性もある。

過去生のカルマが幽界へ保存され、それが今生へ影響を及ぼし、思考・感情を操作する。そして「いま」を選ばせる。

例をいうなら、私は儀式的なことが好きだ。

ある時、葬儀場でアルバイトをしたいと思ったことがあった。
「死」が、死ぬほど怖いのに・・・だ。

なぜそう思ったか?

母が亡くなったときの職員の方の対応が素晴らしかったから。
悲しさや寂しさによって混乱した感情で打ちのめされていた私に、理路整然、毅然としたエネルギーは心地良い・・というか、気落ちを落ち着かせてくれた。

しかし、思考と感情では葬儀場で働いてみたい!のだが、何か「しっくり」こない。
結局は、その「しっくり」こなさで、葬儀場でのアルバイトは止めた。

その後スピリチュアル的なセッションや、気づきによって自分自身を理解してみると、その「いい」は、過去生からの影響を受けていたことを分かった。

死が死ぬほど怖いけど、興味ある。死神や妖怪、この世のものではないものが大好き!
が、しかし・・・。
それらは全て神に仕えた時代、シャーマンとして生きた時代からの影響もあってのこと。

「死」は今生の課題であり、手放す必要ぼあるもの。
他者の死に感情を揺さぶられ、ましてや居場所を求める必要はなかった。

しかし、幽界にあるトラウマがそれを思い出させる。

このように魂の本質とカルマは密接なるものだ。
困ったことに、重なりあっている部分もある。

どんな時代の人生も魂の本質が選んでいる。
だから、やっていることは似たり寄ったり。

「私、似たような男性ばかりを好きになってしまうの〜」なんて話をよく聞くが、生き方の癖、嗜好、思考を変えないと、やっぱり、結果、同じようなことになる。好みの洋服、好きな食べ物・・それらは似ているものを選んでいないだろうか?

大きな視点に立つなら、肉体の一生とは今生のみ。
魂の一生とは、大いなる宇宙から光となって分離し、また統合されるまで。

様々な人生を生きても、魂の本質は変わらない。
魂が成長すれば、周波数は上がり輝きを増す。その逆なら周波数は下がり、輝きが小さくなり、最悪幽界に落ちるかもしれない。

「これだ!」と思って選んだものは、実は過去生からの持ち越しだったりすることもある。

だから、「これだ!」と思った時の状況、自分の感情、他者の反応などを、俯瞰してみることも必要だ。

自分が傷ついて選んだもの、怖いと思って選んだもの、非常時に選んだものとは、ネガティブな感情から端を発して選んでいることが多々ある。
過去生の癖が抜けずに、「またやっちまった!」ってことにもなりかねない。

今生ではのんびり、楽しく生きることを設定してきたはずなのに、過去生からの癖で他人の評価を気にして、他人の言葉を鵜呑みにして選んだ結果が大変苦しい人生になったなんてこともある。

地獄のような日々。「これ」に出会って私は救われた。
だから私も「これ」をやることで他者を救いたい。

それは確かに素敵なことなのかもしれないが、魂で選んでいることではないかもしれない。
感情で選んでいる場合、その先ブレることもあり、辛くて止めることある。
どうやってもスムーズにいかないかもしれない。

また、知ってか知らずか、他者からの評価が欲しい、いい人って思われたい、誰かの人生に影響を与えたいという思いが根底にあると、エゴ的でネガティブなエネルギーとなり、人間界的にはいいことのよう見えるが、カルマを作っていることもある。

そしてまた選び違える。

大いなる宇宙から切り離された魂は、間違い・失敗、当たり前!
宇宙からの応援無しに、人間力だけの自力選択は「あ〜あ・・残念!」って状態になりがち。

人間的に見たら素晴らしいことでも、その動機がエゴ的なら魂の周波数は上がらない。むしろ下がる一方だ。

それも経験!

もし選んだ「それ」を途中で止めたくなったなら、選び違えたことに気づいたのなら、「ま、そんなこともあるさ!」で、執着することなく手放そう。

執着した瞬間から幽界のネガティブエネルギーに取り込まれ、コントロールされるからだ。

「それ」を手放せたなら、囚われていた感情からホントウの意味で解放される。

「辛い」「悲しい」「苦しい」から選んだ「それ」は、いっとき「楽しい」「幸せ」「ワクワク」「カッコいい」になるかもしれない。が、「しっくり」こなかったり、嫌になったら、迷わず手放す!

その時初めて、最初に感じた「辛い」「悲しい」「苦しい」を手放すことができる。
幽界にあるネガティブエネルギーが解放される。
魂の周波数が上がる! 今生を生きる「わたし」の波動が上がる!

逆に、始めたから途中で止めるのは恥ずかしいとか、志半ばでとか、お金をこんなにかけたからとか、他人に悪いなどと思って、自分を騙し騙しそこに執着がするなら、魂は囚われて身動きできなくなる。光が小さくなる。

魂は何ものにも囚われることなく、籠の鳥になることなく、大いなる宇宙の聖なるコードへとつながるのがいい。

そこから切り離され、幽界との邪なるコードとつながるのなら、波動は下がり、魂の周波数は落ち、異界へも影響を及ぼす。

さらにはこの世界、地球そのものの波動を落とすことになる。

大宇宙が遠くなる。