魂の本質へと導くエネルギーは強い! | Cosmic Academy Japan:ワンネス 聖なる愛の光で宇宙をつなぐ

魂の本質へと導くエネルギーは強い!

2018.10.27  Chikako Natsui
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / /

命日が近いせいか、このところ母のことをよく想い出す。
日によっては、そのエネルギーを身近に感じ、メッセージを受け取ることもある。
母との関係性でしんどいワークをしたこともあったが、今となれば、母の魂は私に様々なことを教えてくれた。

母のようにはなってはいけないと思っていた時期もあった。
今は、「魂を生きないとこうなる」のだと、お手本ともいえるし、母が人生をかけて教えてくれたように思える。

 

私が生まれてから、母の体調が良い時は一度もなかった。
そのうち何度かは入院をして手術をしている。

その度に、家族はドキドキハラハラ。
子どもからするなら、ある意味それは脅迫ともいえる。

だが、あとから理解したのは、母は肉体でけではなく、こころも病んでいたのだろうと思う。
さらにそこに、異界からのエネルギーの影響もあった。

ストレスを感じ、それが肉体に病気となって現れる心身症。
母はそれだったのだろうと思う。
関節リューマチなど心身症にもみられる病気をいくつか罹患していた。

ちょっと風邪で、ちょっとお腹が痛くて・・・など、患部の修復をすることで、また滞りのない人生へカムバックできる場合は良い。

しかし、心身症となりやすいひとは、こころが感じたストレスを肉体に表す。
だから、肉体を癒し、修復するのと同時にこころの方も見ていく必要がある。

誰もこころと肉体はつながっている。

感じたストレスを上手に手放せるひとと、感じたままを肉体に表出するひとがいる。

実際、こころではストレスは感じていないのだが、どんどん肉体が病んでいくといういパターンもあるようだ。

私自身が母と似た性質であるため、それがよく分かる。

こころと肉体が直結。

こころが不安をキャッチした瞬間に肉体がそれに反応する。

例えばこれ、電車の中で隣に苦手なエネルギーをもつひとが座った場合などでも起こる。
五感を閉ざされ気味の現代人があまりキャッチしないエネルギーを感じては、それにこころと肉体が反応する。場所によっては二次的パニックを引き起こす。

また、母の家系はスピリチュアルな能力をもっていた。
そして繊細な体質でもあった。

そのため見えざるエネルギーからの影響を大きく受けていた。

しかし、母を含め、しっかりとそれを認識できていなかった。
次々に起こる不思議なことに興味を持ちつつ、首を傾げ、不安や恐さを大きくしていっただけだった。
見えざるもののの影響を受け、恐怖がこころを刺激し、肉体に現れる。

この世界の事象、現象、病気やけがなどは、このようなステップになっているのかもしれない。

そして、魂の役割や目的、見えざる世界との関わり合いによって、それが顕著に現れるひととそうじゃないひとがいる。

肉体やこころをそれぞれ癒すことで、元気になり、人生を前向きに生きれるひともいる。
美味しいものを食べ、綺麗なものを見たり、着たり、楽しいことをしたりして満たされるひともいる。家族や友人たちとワイワイと楽しく過ごすことが喜びのひともいる。

だが、それだけでは解決できない、満たされない人々もいる。

私自身も何年もそうやって生きてきた。

疲れれば癒され、病気になれば医者にかかり、楽しく、美しいものを求めて生きていた。
それが、母が亡くなったその日。11月11日。魂のウェイクアップコールを受け、魂の本質へと導かれた。

魂の本質を気づかぬふりをして生きるのなら、神霊からの召喚を無視すれば、母のように病気や怪我の多い人生になるのかもしれない。

母は気づかなかった。

それが巫病であることを。

病気と縁がきれない人生だったにも関わらず、感情と思考、そこからなる習慣が直感を阻み、自分に何が起こっているのか?また、呼び出しに気づかなかった。

感想を述べよと言われれば、

「ああなるんだ〜」のひとことに尽きる。

呼び出しは情け容赦ない。

この世界には魂の本質が大いなる宇宙=神にある魂ならば、その通りに動かないと、おっかないことになる人々もいるということだ。

それは魂が決めてきたこと。

母は決して神仏を低く扱うひとではなかった。
祖父母の仏壇が無いので、観音様の像を買ってきて陰膳をしていた。
毎朝、神棚には水とご飯をお供えして、熱心に念じていた。

神仏に手を合わせること、それは自分の中の神仏の声を聴くこと。

しかし、それだけではどうやら神仏は納得しない。

声を聴いたのなら、行動も必要だということを母の人生で見せられた。

魂の計画に従って、行動あるのみ!

 

私の家系の例もある。

ひとを全体的にホリスティックに捉えること、そして、ひとは見えざる世界の影響を多大に受けていること、ある種の人々にとってそれは人生の歯車を狂わせ、命の危険、または死へとつながることがある。

「肩が痛い」

肉体的にみるなら、パソコンのやりすぎ・・とか、運動不足・・とか。姿勢・・とか、

心理的にみるなら、肩が痛くなるほど頑張りすぎてしまう自分とか、

スピリチュアル的にみるなら、霊がのっていませんか? 過去生からの影響で・・とか、

どの方向から見るかによって、導き出される回答が変わってくる。
どれも当たりなのだろう。ぶつ切りに症状にスポットを当てるなら、幾つもの正解がでてくる。

その症状を心身魂。全体性としてみるのならばどうだろうか?

過去生からの影響で、低い霊体の影響を受けて、頑張りすぎてしまって一定の姿勢でパソコンをずーっとやっている。仕事のやりすぎて運動不足になりがちとなるのかもしれない。

「いま」は過去からやってきて、未来へとつながる。

いまのその事象、現象、症状は、魂の記憶でもある。
魂の視点からみるなら、常に本質を生きたがっている。

簡単にいうなら、

「本質を生きていないのなら、どうにかして本質を生きさせてやるぜ!」

この「どうにか!」ってのが曲者。

人間的にみるなら、辛く、悲しく、苦しい、サバイバルなことが多い。

メンタルやハートが強ければ、なんとかかんとか、このサバイバルにも立ち向かえるのだが、過去生からの恐怖によって、立ち向かう勇気がでないことがある。
よしっ!と一歩進んでも、傷つき後退してしまうこともある。

宿命ともいえるものに向き合うのは、とても大変なこともある。

そんなときは、それをサポートするための魂を想い出して欲しい。

「いま」から、魂の叫びを聴き、その本質へと導く。

 

 

Line@で情報発信!
↓ ↓ ↓
友だち追加

 

スターシードセッション
自分が何者なのかを知り、魂に沿った生き方を選び、
あなたが息をしやすい場所・仕事を一緒に見つけます!
また他者からのネガティブなエネルギーを受けない方法もお教えします!
http://www.cosmic-academy.net/session/chikako-natsui/

 

イナンナの光セッション
エンパスであり、高い周波数を放ち、神へと奉仕していた魂がある。
だが、どこにも自分を探すことができず、かといって地球にも居場所が見つけられない。
自分は何者なのだろうか?
そう思いながら生きる魂がある。
私はだれ?
魂の本質は?
魂のミッションは?
私も地球に役立つの?
http://www.cosmic-academy.net/lightworker/chikakonatsui-17/

 

Cosmic Family relationships 家族(親子)関係セラピー
主に家族関係に焦点を当てたセラピーです。
社会生活、仕事、お金関係の悩みは、主に父親から、
恋愛、結婚なども含めた人間関係の悩みは母親からの
影響が大きいといわれます。
今生の家族関係だけではなく、宇宙全体を一つのファミリーを
考え、あなたと宇宙の家族関係をセッションしていきます。
http://www.cosmic-academy.net/session/cosmic-family-relationships/

 

メルマガ配信中!
最新ワークショップ情報を始め、
世の中で起きている出来事をcosmic connect夏井誓子が
スピリチュアルな観点から見ていく「ちょっとびっくり」の
プロローグ!
登録はこちらから!
http://www.cosmic-academy.net/member-registration/register-member.php

 

アメブロでもブログ発信中!
https://ameblo.jp/cosmic-chikako2017