石井裕乃

2018.3.4  Chikako Natsui
/ / / / / / / / / /

2人姉弟の長女として千葉県長生郡に生まれました。
父と母からの愛情を感じる中でも、厳しかった両親の顔色を伺うようになり、自分の気持ちや感情を表に出すことが苦手で、内気で消極的な子になっていきました。

いつもクラシック音楽や映画音楽が流れる環境で育ち、自然と音楽と触れる中で母の影響で4歳から始めたピアノにのめり込んでいきました。
感情を言葉で表現することが苦手だったことから、ピアノで自己表現することが心の安らぎとなり、唯一の自分の居場所となっていきました。

本格的にピアノを習い始めた高校時代には、素晴らしい恩師や仲間たちに出会い、ピアノの奥深さや充実感を感じ、練習に明け暮れる毎日を過ごしました。その努力が実り、大学4年生では、大舞台で演奏するなど、これからの明るい未来が待っているはずでした。

ところが、このあと人生が180度変わる出来事が起こりました。

恋人もでき、綺麗になりたいという気持ちから顔の運動を自己流に始めたことをきっかけに顎関節症を患ってしまいました。

その影響でピアノも思うように弾けなくなったことがストレスとなり、合唱団のピアニスト、ピアノ教室の講師の仕事を手放し、そのうち唯一自分らしくいられるピアノからも離れていってしまいました。

そんな苦しい悩みを抱えていることを両親に相談することもできず、生活の為だけに今までいた世界とかけ離れた仕事に従事するようになっていきました。
その反動と、あらゆることへのストレスから、全身に蕁麻疹を患う程の体調悪化とパニック症に陥り仕事にも行けなくなってしまいました。

そんな私は当時お付き合いしていた彼と結婚するも、満たされない、思うように生きられない苦しさが夫婦仲を悪化させ、ついには離婚することとなり人生がどんどん転落していきました。

「なぜ、こんな思いをしなければいけないのだろう」
「このままで終わりたくない」
「今の自分を変えたい。でもどうしたらいいのかわからない」
こんな気持ちを抱く毎日。

そのタイミングで出会うことができたのが、この心浄術ヒーリングです。

この出会いをきっかけに、長年閉じ込めていた自分の可能性にも目覚め始めました。
また、距離を置いていた両親との関係も徐々に回復し、そのあとは体調もみるみる良くなり、友人たちと音楽活動もできるほど元気になっていきました。

これまでの悩みや苦しさを変えられるこのヒーリングの素晴らしさを実感するようになり、この感動や希望を人に与えられる側になりたいと強く思うようになっていきました。
これが後にginspiとの出会いにつながります。

以後、ginspiの販売スタッフとして働きながら、1年半の間にクライアント様やお客様との関わりや学びを通じ、自分を救ってくれた心浄術のヒーラーとしてデビューしました。

これからは、今までの経験を生かし、ヒーラーとしてたくさんの方々と関わらせていただき、みなさまのお力になれるよう頑張っていきたいです。

石井裕乃
1980年9月生まれ。
千葉県出身、横浜市在住。ハムスターのココナッツと暮らす。
岡本マサヨシプロデュース 銀座のスピリチュアルサロン「ginspi」に入社し、7月にヒーラーとしてデビューしました。⇒ginspi(銀座スピリチュアル・心浄術銀座店)
⇒一般社団法人日本心浄術ヒーリング協会