次元融合ヒーリング セラピスト Kazuko

Date : 2017.12.6 / Author : Chikako Natsui

セラピストのKazukoさん。

予防医学の観点から、エネルギーヒーリングやチャネリング、食生活の見直しなどのメニューを
提供している。
いわば、スピリチュアルと実生活の融合とでもいうのか。

Kazukoさんは言う。

「今、何か悩みがあるとするなら、それを全部スピリチュアルなことだけでは解決できないと
思うんです。人間ですからね、肉体やこころの健康にも気を配る必要があります。
でも、多くの人がいつも忙しすぎて、疲れ果て、ストレスを溜めて、病気になる方も多いんですよね。
そういう時は人の波動は下がります。
だから、肉体面とスピリチュアルの面、両方からアプローチが必要だと思っているんです。

簡単に流れをお話します。

まず、お客さまにお会いして、今、必要なメッセージをチャネリングしてお伝えします。
そして、2回目の時には、3日間の食事内容と健康診断票もお持ちいただきます。

食事は人間の基本なので、それを拝見して、改善の必要があればアドバイスをさせていただいています。
それと、タロットカードを使う場合もあるんですよ。
チャネリングとカード両方使うことで、さらに正確性を高めたヒーリングができるんです。
3回目の時には、「クラウニング」と呼ばれるハイアーセルフを地上に降ろすワーク。
マルコス二クス・ヒーリングを行います。
ヒーリング受けた方は、みるみるうちに変わっていくので、こちらも驚いています
」

人間は肉体がある以上、そこをおざなりにすることはできない。

スピリチュアルと実生活にアプローチしたKazukoさんのヒーリングは、次元移行が始まりつつある今、
地に足のついたスピリチュアルヒーリングといえる。

ところで、Kazukoさんのチャネリング能力はいつ頃から、どのように開花していったのだろうか?

「小さい頃に、亡くなった方と会話していたことを覚えています。家系的なものだと思います。
でも、中学くらいの時に宇宙に関わる怖い体験をしたこともあって、
それからはスピリチュアル的な能力は閉じていました。

でも、ご縁があって現在アメリカ在住のサイキックヒーラーDr.Margaret Rogers Van Coopsの
イベントに参加しました。
そこで彼女に「あなたは、素晴らしい癒しの手をもっているのに、今まで何をやっていたの?」と、
言われたんです。

自分でも「えっ!?私が?」と、驚いた部分もありましたが、そこから、変化が始まりました。

スピリチュアルのセッションを受けたり、自分でも勉強を始めました。

実は、パワーストーンを取り扱うお店に勤めていたので、石についてもとても詳しくなったんです。
石は自然のものであり、プラスのエネルギーや癒しのエネルギーをもっています。
そして、人それぞれに合う石、合わない石があります。またその方の状況によって必要となる石も
違うんです。
石はとっても面白いんですよ。草木や花と同じ生き物なんです。
そのお店でも様々な出会いがありましたね。
お客さまのお石を選ぶときは、ご希望をお聴きしつつ、少しチャネリングもさせて
いただくこともあります。
「誕生石を買おう!」と思って来たけど、実はこちらの石の方がその方には合っていたなんてことはよくあります。
そして、その方に合う石はどれか?どの石をもつと、こころが軽やかになって幸せになれるのかを
アドバイスさせていただくんです。
反対に私が励まされる出会いもあるんですよ。「あなた、もうスピリチュアルの方向にどんどん進んで
いってもいいんじゃないの?」
そんな風に、後ろから背中を押して頂いたこともありました。
色々な経験をさせていただきましたね」

生まれながらにスピリチュアルな能力をもつ人は多い。だが、人生のある一定時期、その力を閉ざす人も多い。
三次元の生活を体験し、そこでの学びが必要だからだ。
感情の学び、社会的な学び、人間関係の学びなど、実生活においての様々な経験を通して叡智を養う。
そして、ある一定時期にくると、閉ざされていたスピリチュアル能力は目覚め、今度はそれを自分のため、
他者のため、社会のため、環境のために使うことになる。

Kazukoさんも例外ではなく、自分の能力を理解しつつも、その世界にどっぷりと入り込むことはなかった。
まだ時期ではなかったからだ。
日常とスピリチュアルの2つの世界があったとしよう。その2つは高い塀で仕切られている。
Kazukoさんはこれまで、その塀の上からスピリチュアルな世界をただ眺めていたのだ。

だが、その塀から飛び降りる時がやってきた。

今、セラピストとしての道を歩み始め、どんなことを思うのだろうか。

「スピリチュアルをもっと身近に感じて欲しいと思うんです。
スピリチュアルに興味をもって生きることを楽しんで欲しいですね。
人が健康でいることは大切ですし、もっというなら、人が体の中に存在する内なる魂に気づき、
ホントウの自分自身との会話ができるといいなと思います。
そして、人と人とが優しくつながれる世界ができるといいですね」

優しいエネルギーをもつKazukoさん。
彼女の提供するメニューは、肉体と霊体どちらにもアプローチする。

人間は目に見える肉体と霊体といわれる、目には見えない各種エネルギー体から構成されている。
幸せに健康的に生きるには、どちらも大切だ。

健康診断を基にした食へのアプローチとスピリチュアルなヒーリングを融合させたメニューは、
人間の健康と幸せを考えるうえで、これから最もスタンダートとなるのではないだろうか。

セラピスト Kazuko
マルコニクスヒーリングプラクテショナー